自分磨きは婚活に影響する


特に女性に多くなっているのですが、ある程度の年齢になると自分磨きの為の有意義な時間を大切にする方が多くなります。お友達と合コンしたり、一緒にご飯に行くなどの回数を減らし、料理を習ったり資格を取得されたり、人としての質を向上させるための自分磨きをされている方は少なくありません。

婚活をされている方で、結婚相談所や婚活サイトなどに登録されている方は、アドバイザーなどから、結婚に適した条件となる資格、趣味、また相手の方が素敵だなと感じる事や、家庭を連想できる事をしていると婚活の幅が広がるなどアドバイスを受けます。

例えば全く料理が出来ない方が婚活サイトに「料理は出来ないけれどこれから頑張る」とか「好きな人の為なら勉強する」と前向きな事を書いても、結局、「現在料理が出来ない女」に変わりありません。でも料理教室などに通い「料理には自信があります」とか「もっと腕を磨くために本格的に勉強中」と書けば、結婚相手としての条件に当てはまる事が多くなります。

逆に現代は男性も料理など出来る方が女性の条件にはまるといわれている時代です。結婚したらたまに男性が本格的な料理を作ってくれるなんていう家庭が理想、という方もいるのです。自分を高めることが後に、理想的な結婚を知覚する事になる、これを理解されている方は、毎日婚活をイメージし、努力されているのです。